スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

第114回日本消化器病学会北陸支部例会

2012/08/12 08:45

6月17日日曜日、AOSSA8階の福井県県民ホールで、第114回日本消化器病学会北陸支部例会が開催されました。当番会長は当科中本教授です(事務局担当は須藤講師)。午前に教育講演会、午後に専門医セミナー、北陸支部例会を行いました。いずれも参加者200名以上で大盛況でした。特に専門医セミナーは、中本教授の発案で午後一番に行いましたところ、従来に比しかなり多数の先生方が参加してくださり、大成功でした。

開会の挨拶を行う中本教授です。

P1000544_convert_20120812071735.jpg

当科後期研修医の有塚先生は、初めての発表でしたが質疑応答も卒なく行い、研修医報奨金制度(後期研修医の部)で第二位を獲得しました。

P1000696_convert_20120812071947.jpg
有塚先生:著明な筋層肥厚を呈した好酸球性食道炎疑いの一例

その他、田中先生、尾崎先生、松永先生が支部例会で発表されました。田中先生は研修医報奨金制度(後期研修医の部)で第三位を獲得しました。

田中先生:肝動注化学療法後にラジオ波焼灼療法にて制御し得たTACE不応肝細胞癌の一例
尾崎先生:PSLが著効した血小板減少を伴った急性肝障害の1例
松永先生:Aeromonas hydrophiliaによる敗血症により急激な転機をとったアルコール性肝硬変の一例

専門医セミナーでは、大谷先生が「壊死性膵炎後仮性囊胞に対する内視鏡的ネクロセクトミー」についてビデオ発表を行い、大変注目されました。

P1000702_convert_20120812072056.jpg

学会は当科および関連病院の先生方、事務員の方など多くの方の御協力で成功裏に終わりました。皆さんお疲れ様でした。

(H.S.)

ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。